【Review】林 兼正:なぜ、横浜中華街に人が集まるのか

 

なぜ、横浜中華街に人が集まるのか(祥伝社新書211)

なぜ、横浜中華街に人が集まるのか(祥伝社新書211)

 

 著者は横浜中華街の広東料理萬珍樓の社長です。

書いてあることは中小企業の社長にありがちな思い込みもあると思うんですが、華僑でありながら「俺たちにはここしかない」と言って日本で日本人に来てもらえる街づくりしてるっていうのがおもしろいですね。

冒頭の「町はつねに衰退に向かって疾走している」というフレーズが一番印象深いかな。確かに町(街)維持し続けていくだけでもエネルギーを使いますからね。